忍者ブログ
名古屋市東区主税町の料亭香楽をご案内します









[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 

今まで長らく工事中でありました「若女将のひとりごと」
やっと、本日より始動することとなりました。

ホームページUP当初より楽しみにして下さっていた皆さまには、
大変長らくお待たせをし申し訳ございませんでした。

どのような「ひとりごと」になるか心配ですが、
時々、若女将の世界をのぞいていただけると嬉しく存じます。

さて、初日の今日は「若女将のひとりごと」をなぜ始めようと思ったのか、お話させていただきますね。

私、伊藤善子は、香楽に若女将見習いとして入り5年になります。その間、たくさんのお客様にご来店いただき、皆様からたくさんの教えを受け、本当に実り多きお時間を過ごさせていただきました。
(ありがとうございました。)

お客様には、いつまでもこの伝統文化を守って続けてね!
料亭が減ってくるのは寂しいよ、新しい料亭を作っていってね!
など、温かい励ましのお言葉をたくさんたくさん頂戴しました。
このようなお言葉はとても嬉しく、また心強く、本当に有り難く
心より感謝しております。 

私も、何とか料亭を、料亭に残る日本の文化を守って続けていきたいと心に秘めております。そのためには、昔の形から少し変わっていかなければいけない部分もあるのではないかと、正直思っています。
伝統と革新を融合させて・・・古き良きものを守り、かつ時代に適応していかないといけない部分があるのではないか、そう考えます。

「一見さんお断り」 と 「ホームページで料亭ウェディングの検索」
なんとも中途半端な位置づけですが、どちらも今の料亭の姿です。

料亭は、美術館や博物館のように入場料を払って鑑賞する文化ではありません。一人でも多くのお客様がお食事をするためにご来店いただき、はじめてご理解いただける、そして存続していける文化です。
でも、現状は、美術館の作品展はよくご存知でも、料亭なんて知らないし、料亭の文化なんて知らない、という残念な結果です。

そこで、料亭文化を少しでもご紹介できたらと、料亭文化勉強中の私が「ひとりごと」をつぶやいてみることになりました。

私のつぶやく「ひとりごと」で少しでも料亭に興味をお持ちいただき、一生のうちで一回は料亭に足を運んでみようかな?なんて、思っていただけると、「ひとりごと」冥利につきます。

まだまだ半人前にも満たない若女将でございますが、
応援してくださるお客様のお気持ちに感謝をこめて、
少しづつ少しづつではありますが、
新しいことを始めていきたいなと思っています。 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[05/27 ライオネル]
[01/06 2匹のデブ]
[10/11 NONAME]
[07/15 em]
[01/08 わかおかみ]
[01/07 源 三位 頼政]
[08/03 chappy]
[07/06 前島 長盛]
[09/14 わかおかみ]
[09/14 Tina]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
料亭香楽 若女将
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索


<< 船出 HOME
忍者ブログ   [PR]