忍者ブログ
名古屋市東区主税町の料亭香楽をご案内します









[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今年の桜は長く楽しめましたね。
開花より満開まで最長の日数がかかった地域も多かったとか・・・

名古屋は、満開近くなってから、寒い日がつづきましたから、
お花見に夜桜見物どころではなかった方も多かったのでは??

日曜日くらいからやっと暖かくなった感じでしょうか?
(昨日は急に暑すぎましたけど・・・笑)

そんな春爛漫もこのごろ、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
すっかりご無沙汰してしまい、気がついたら桜も満開の4月に・・・
節分以来ですから・・ブログも、ずいぶんと更新していませんでした。

楽しみにしていて下さるお客様もあきれてしまわれましたが(苦笑)、
できるかぎり、また頑張りますので、
どうぞよろしくお願い致します。




さて、今日は、幸せの青いバラです。

青いバラをいただきました。

25bde02a.jpeg















サントリーフラワーズさんが開発されたこの「青いバラ」、実は咲かせるまでに10年以上の月日がかかっているそうです。

もともと「青い花」に含まれる青色色素「デルフィニジン」を、バラの花は合成することができないそうです。
つまり、青色色素をつくるための遺伝子がバラにはなかったのです。
そこで、最先端のバイオテクノロジーを用いて、青色色素を作る力をもった遺伝子をバラに入れて、
青いバラを咲かせる方法を思いついたそうです。

何度もあきらめかけられたそうですが、試行錯誤を繰り返され、10年以上かけ、パンジーの青色遺伝子で「青いバラ」を咲かせることに成功されたそうです。

「誰も見たことがないなら、見てみたい」、不可能の象徴を言われる「青いバラ」を咲かせてみたい、
という純粋な夢からはじまったこのチャレンジは、1990年より長い年月と様々な試行錯誤、多くの人の熱い想いに支えられ、そして文字通り花が開き・・・・

そして私の手元にやってきました。


何かにチャレンジする精神って、忘れてはいけないなと、青いバラのお陰で思い出しました。

なんとなく、守りの精神に入りかけている今日このごろ、攻める姿勢を忘れかけていました。
いつも攻めてばかりもいられないけど、でも、夢をあきらめずに追い続けること、
努力を続けることって大切だなって改めて思いました。

青いバラの名は
「アプローズ 喝采」
花言葉は
「夢 かなう」 

夢をあきらめないすばらしさ、をわたしも味わってみたくなりました。

素敵なお花をありがとうございました!

22580e3d.jpeg



 

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[04/14 井内摂男]
[05/27 ライオネル]
[01/06 2匹のデブ]
[10/11 NONAME]
[07/15 em]
[01/08 わかおかみ]
[01/07 源 三位 頼政]
[08/03 chappy]
[07/06 前島 長盛]
[09/14 わかおかみ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
料亭香楽 若女将
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]