忍者ブログ
名古屋市東区主税町の料亭香楽をご案内します









[195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


桜が満開の先日、素晴らしい音楽会『トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーん』に出かけました。



『トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン』 は、トヨタ自動車の社会貢献活動(芸術文化支援)の一環として、2000年から開催されているコンサートで今年で14回目を迎えられます。

コンサートだけでなく、次代を担う青少年を対象とする、青少年のための特別プログラム(コンサートへの招待や、公開リハーサルへの招待、小学校や児童福祉施設への訪問コンサート)や、東北でのふれあいコンサートなどのプログラムを行われています。

そして、コンサートのチケット売上げの一部は、東北復興チャリティーとして、子どもたちへの育成支援のために寄付をされています。


今年のプログラムは、
ベートーベン・バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲、
プロコフィエフ・交響曲第一番ニ長調。

指揮者もなく、どのようにされるのかな?と、思いましたがわ圧巻の優しい演奏でございました。


そして、指揮・下野竜也、名古屋フィルハーモニー交響楽団との共演による、 マーラ・交響曲第9番 ニ長調。
第四楽章までの80分を超えるマーラの長編の演奏でした。
眠くなるかな?といく危惧もなんのその…グングンと引き込まれ、まばたきの数も減ったのでは?と、思うくらいの素晴らしい演奏でございました。

ウィーンの皆さまの、身体を使って表現する演奏。同じバイオリンでも、随分と違うものだなと…お国柄ですかしら??やはり、感情たっぷりに演奏されるその姿には目を奪われました。

アンコールも、大サービス。
今年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートで演奏されたヨーゼフ・シュトラウスの「天体の音楽」。ニューイヤーコンサートの時には、他の曲ほどの印象がなく、少し薄かったのですが…この日の演奏は、とっても素敵なワルツでした

花粉症が辛く、また、春からの疲れが出てきたこの季節に、このような素晴らしい音楽会にお招きいただき、幸せなお時間を過ごすことができ、感謝でいっぱいです☆

また、がんばります!!

ありがとうございました(*^_^*)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[04/14 井内摂男]
[05/27 ライオネル]
[01/06 2匹のデブ]
[10/11 NONAME]
[07/15 em]
[01/08 わかおかみ]
[01/07 源 三位 頼政]
[08/03 chappy]
[07/06 前島 長盛]
[09/14 わかおかみ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
料亭香楽 若女将
HP:
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]